こんにちは。NPO法人TEAM旦波の濱田です。

2018年9月11日に、宮津市にある私立京都暁星高等学校にて弊団体で出張授業を企画させていただきました!弊団体では、毎年京都府立宮津高等学校で、「宮高キャリアフォーラム」というものを開催しており高校生たちに、社会で輝く大人たちと関わる機会を作っております。私、濱田も高校3年生のときに、TEAM旦波の行っている「浦島プロジェクト」に参加したことにより、自分自身で地域で活動していこうと思うようになりました。

今回は、丹後地域で活躍されている5名の方+司会者として、京都暁星高等学校のOBでもある濱田が参加させていただきました。

当日のスピーカー(丹後で活躍する社会人講師)

櫛田啓さん(社会福祉法人みねやま福祉会 マ・ルートセンター長)

市瀬拓哉さん(NPO法人地球デザインスクール 理事)

松田桃佳さん(社会福祉法人みねやま福祉会)

関奈央弥さん(京丹後市地域おこし協力隊 / 丹後バル代表)

長瀬啓二さん(Tangonian 代表)

当日の様子

まとめに

実際に、今回授業を行ってみて改めて思ったのが、丹後の高校生には「大人と関わる機会が少ない」ということです。実際に、自分もそうだったのですが、学校の先生や家族以外の大人となかなか関わる機会というものがありません。だからこそ、そういった機会を弊団体として、作り続けていきたいと思っています。今後は、話を聞くだけではなくて、実際に仕事の現場を見学したり、体験できたりするような機会もつくっていければと思っています。

このような機会を作っていただいた、京都暁星高等学校の先生方、ご協力していただいた講師の皆様。本当にありがとうございました!